>Column>頭皮痛いのは何が原因?日頃のお手入れが原因となることもある

頭皮痛いのは何が原因?日頃のお手入れが原因となることもある

診察

刺激の強いシャンプーは、脱脂力があり、使いやすいことから人気が高いですが、肌のトラブルの原因になる場合があります。シャンプーは、髪や地肌を清潔に保つために欠かせないアイテムですが、刺激や洗浄力が強すぎるとそれが逆効果になってしまうこともあります。そういったシャンプーを使い続けることで、頭皮に痛みを感じたり炎症がでたりすることがあります。特に、着色料や保存料が含まれるシャンプーは頭皮に与える刺激がとても大きいです。最近では、ドラックストアなどで、敏感肌でも使える低刺激シャンプーが種類豊富に売られているので、自分に合ったものを選びやすいはずです。頭皮が痛いと感じると、洗髪が十分でないのかと考えてしまいがちですが、今使用しているシャンプーを変えてみることも大切です。

髪の毛を洗うプロセスの中で最も大切なことはすすぎをしっかり行うことです。なぜなら、すすぎ不足だと頭皮に痛みが現れて髪のトラブルにつながるためです。しっかりとすすぎができていないと、地肌にシャンプーの成分や皮脂などの汚れが残ることで、頭皮が不衛生な状態になります。また、それは頭皮の痛みだけでなく、痒みにもつながります。そのような状況を防ぐためには、シャンプーやリンスを洗い流す時には、十分な時間をかけて丁寧にシャワーで流していくと良いです。時間があれば、洗髪前に、ブラッシングをしておくと汚れが浮かび上がりやすくなり、すすぎも簡単にできます。決して難しいことではないので、毎日続けられそうですね。もし頭皮が痛いと感じたら、日々の髪の毛の洗い方、特にすすぎ方にも気をつけてみましょう。

鏡を見る人